忍者ブログ

みず

Home > ブログ > 他

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

優先とかあったのか・・・


2014年5月20日の東京新聞の朝刊に載っていた記事を読んで、なんてことをしているんだ・・・信じられない・・・と憤りを感じました。事前注文が集中した大ベストセラーは、“全国規模の大型チェーンから優先的に配本され”。はい、本屋さんのお話です。「流通の活路探る地方書店」という見出しで、中村陽子さんのお話です。ベストセラーの注文を出しても、地方の小書店には入ってこないのだそうです。理由は前述したとおりです。全国規模の大型チェーン店に優先的に配本されているから。広島県のある書店のお話です。2013年、村上春樹さんの新刊発売日に一冊も仕入れることが出来なかったそうです。
その広島県の書店の店主は、自分で市街地の書店を何件も回り、図書カードで購入してきて自店で販売したそうです。機会損失が地方の小書店で続出しているのです。売れる本が置けない、置けば必ず売れる本なのに・・・。注文通りに入らないことはよくあるとも語っています・・・。

催眠療法料金、豊島区
望む方向に変って行き易くする
PR

「アズママ」の仕組


記事によりますと、アズママ会員が「残業で保育園の迎えに間に合わない」とサイトに入力したとします。すると、同じ保育園に子供を預ける別の会員の人達にメールでその旨が配信されます。その会員の中で、「私行けるよ」とメールを返信すれば手助け成立。それでも助けられる会員がいないときは、アズママに登録しているママサポーター(現在400人)が駆けつけてくれるのだそうです。「同じ保育園」ということで、安心できますし、親近感もわきます^^。損害保険も整っているとのことでますます安心です。お礼もリーズナブルなのです。“1時間500円”。この「支払う」という行為が頼みやすいと評判のようです。
サービスを利用している会員の声も載っています。「同じ保育園のママ友達が助けてくれるので安心」(30代女性)。会員の母親個人からは手数料は取らず、団体契約したマンション管理組合や学習塾からシステム利用料を得ているというのも、母親からしたら嬉しいですよね。

催眠療法料金、東京都
池袋 カウンセリング

「アズママ」をもっと広げる


「アズママ」というサービスをご存知でしょうか。ラジオで知って、へぇ、こんなサービスがあるのか、お子様がいるお母さんたちにとっては、まったく知らない人に大切な子どもを預けなくて済むので安心安全だと思いました^^。アズママは横浜で2013年4月にサービス開始。地域の会員が、子供の送迎や預かりで助け合う「子育てシェア」。なんでもかんでもシェアシェアって・・・と思う方もいるかもしれませんが、昔と今は違います。専業主婦の数も減っていく一方ですし、共働きとはいえ、なんだかんだでまだ母親が子供関連のことは一切するという風潮が根強くあります。周りに頼れる人がいない・・・というのであれば、身内の近くに住めばいいではないかという考えもありますが、それはそれで不可能なことです。
もし身内が地方にいる場合、地方で就職するのは不可能です。就職先がないのです。このことから、身内の近場で暮らすことはできない、頼れる人がいないという人たちにありがたいサービスです^^。

格安料金のSEO業者、東京都
格安業者 SEO
SEOサービス 1位表示
被リンクサービス 効果高い

PAGE TOP