忍者ブログ

みず

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > > とはいっても事情もあるのです

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とはいっても事情もあるのです


とはいっても、この問題は今に始まったわけではないのだそうです。書籍の流通というのは、売れなかったら返品可能。いわゆる「委託販売制度」がベースなのだそうです。絶対にその書店の力では売り切ることが出来ないという量の注文を出す書店もあって、注文通りに出版社が対応していたら、後で、出版社が貧乏くじを引くことになるわけです。取次業者がそれらを調整しながら全国日本を流通させてきたとのこと。近年は、流通させる本の量を制限する傾向にあるそうです。どのように流通させるかを判断する材料は、「各書店の売り上げデータ」。過去の販売実績で流通が調整されているのです。難しいです・・・。
流通を制限しないと出版社が後々潰れてしまいかねない、逆に流通を制限されると地方の小書店がどんどん潰れていく。とはいっても、大元の出版社が倒産してしまう事態に陥ってしまうと、小書店だけでなく大型チェーン店、さらには消費者が困ってしまいます。・・・難しい問題だなぁ・・・。

催眠療法料金、池袋
ヒプノでセラピー!池袋
PR

PAGE TOP